IPOエンジン

総合ランキング

株式会社アイ・アールジャパン
総合評価★★★★★
株式会社ラルク
総合評価★★★★★
株式会社エスネットワークス
総合評価★★★★☆

ホーム > IPOエンジンとは > IPO後の展開も想定することが大事

IPO後の展開も想定することが大事

株式公開では、IPO後のメリットとデメリットも十分公開前に想定しておくことが大事です。確かに株式公開は起業してからのひとつの大きな目標で、そこまで行くだけでも厳しい社会を乗り切って成長させたという手腕は相当なものということができます。
ひとつの成功の大きなハードルを乗り越えたということになります。しかし、そうなると今度はその後の目標が重要になります。今後の展開ということですが、株式公開の前に、計画的にそれらのメリットやデメリット、起こる可能性の出来事などを十分調べて計算に入れておく必要があります。
メリットとしては何といっても知名度が上がることで社会的な信用が高まります。社員も胸を張って上場企業で働いているというプライドも持てます。投資をする投資家も投資対象を知ろうとするので、ますます広範囲に企業が知られることになります。

経済的には資金調達という市場を通しての直接の資金調達の方法を得ることができます。公募増資なども行えますので債務体質の向上や、企業自体の発展のための資金も確保できます。そうなるとそれらの条件で優秀な人材も集まってきます。
その企業で働きたいという優秀な人材が集まれば、ますます企業が発展します。良い循環ができてくるというメリットを得られます。それが経営体質の向上につながります。そして監査などが厳しくなりますので、企業自体の管理体制も向上し、ますます良い企業としてのレールに乗ることができます。
反対にデメリットもあります。デメリットもよく理解して予測しておく必要があります。

まず株主が増えることで、部外者への配慮をする必要があります。とくに有力な株主が社外にできてしまうと経営を自由に行えないこともあります。浮動株が少なすぎると閉鎖的だと言われ、人気がなくなりますし、多すぎると買い占められる危険もあります。
それらのバランスを取ることが重要になります。また上場を維持するためには仕事自体が多くなります。専門の部署に人材を割かなければなりませんし、書類などの事務も増えます。財務体質を常に外部から監視され続けるということになり、株主への配慮の度合いも批判されたりします。
何か問題が起これば影響力は非常に大きくなります。あっという間に評判が落ちたりするのは、最近の企業の不祥事のニュースを見るとわかります。また、常に株価への配慮も欠かせません。それらすべての負担をカバーしクリアしなければならないのでその準備も公開前に必要になります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP