IPOエンジン

総合ランキング

株式会社アイ・アールジャパン
総合評価★★★★★
株式会社ラルク
総合評価★★★★★
株式会社エスネットワークス
総合評価★★★★☆

ホーム > IPOエンジンとは > 株式上場(IPO)支援の分かりやすい意味

株式上場(IPO)支援の分かりやすい意味

株式上場(IPO)支援とは準備として、上場企業にふさわしい経営組織を確立するために会社全体を巻き込むプロジェクトとなります。
内容として、会計、税務、業務フロー、システム等非常に幅広い範囲となっており、かつ同時並行に対応する必要があります。
会社では有限監査法人、コンサルディング合同会社、税理士法人が協調しており、経験豊かな各分野の専門家が国内市場はもちろん、海外市場に関する包括的なアドバイザリーサービスを提供してくれている会社も多くあります。
IPO支援のその他の活動として、投資先、関与先への共同支援、企業向けセミナーへの講師派遣、社外向けセミナーの講師派遣といった活動も行っています。
これは早期に株式上場を果たすために、欠かせない活動であります。
広範囲のネットワークでスムーズな会社運営と株式上場をサポートしてくれます。



気になるIPOの支援とは何だろう

IPOの支援とは、株式市場に企業を上場させることをサポートする業務になります。
株式市場に上場することで、たくさんの資金を受け取ることができます。
その資金を元にビジネスを発展させることができ、配当や取引差益という形で株主に還元されます。
ウィンウィンの関係を築くことができる方法として、多くの企業が実践しています。
また、株式市場に上場することで会社としてのネームバリューを高める効果もあります。
スピーディーに対応してもらうことができ、上場するたびに必要な情報を与えてくれます。
そして、しっかりとサポートしてもらうことができ、よき理解者として活躍してくれます。
また、全体を俯瞰した立場から見てくれるので、業績を上げるためにはどうしたらいいのかについての具体的なアドバイスもしてもらうことができます。
頼りになる存在です。



IPOを支援する会社が行うサービスと流れ

企業がIPO(株式上場)を行うに当たり、社内での意思決定がなされます。
次に総合的に判断して、上場する証券取引所を選択します。
これから上場への準備作業になりますが、実際に株式上場までには3年から4年かかります。
実際の準備段階では、上場準備を支援してもらうコンサルティング会社を決めて、協議を重ねながら様々な決定を行います。
まず、監査法人を決めます。
企業内容を開示する場合、正確で疑いが全くないものでなければなりません。
この為、上場前2期間は上場会社監査事務所による財務調査が義務付けられています。
次に主幹事証券会社を決定します。
上場への体制作りと諸々の手続きには労力が必要なため、専門意見を受けて進めます。
次に外部主要株主から承諾を得ます。
主要株主や主要取引銀行と交渉を行い、資本政策の実行への了承を得る必要があります。
また、社内に主要部門の実務担当者でのプロジェクトチームを作り、全社的な協力体制を整えます。
そして印刷会社を決定します。
目論見書や有価証券届出書だけでなく、株券の印刷も行います。
最後に株式事務代行機関を設置します。
上場までに証券取引所が指定する株主名簿管理人に株式事務委託することが義務付けられています。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP